【8/20(金)~9/26(日)】一部店舗営業時間変更のお知らせ

ParkPlace

イベント・キャンペーン ショップ 映画 フロアマップ 総合案内 交通アクセス
  • お子様連れの方へ
  • LINE会員
  • スタッフ募集
  • 現在の駐車状況
  • ENGLISH・한국어・中文
  • TOP
  • ショップニュース
※掲載内容は、都合により中止・延期となる場合があります。※写真はイメージで実際とは異なる場合があります。

【保険見直し本舗】『40歳代』の選び方のポイント

2015年08月24日(月)
保険見直し本舗

こんにちは。保険見直し本舗です。
本日は世代別の保険選びのポイント例をご紹介させて頂きます。

『40歳代』の選び方のポイント

体力・実力ともにますます充実して、仕事面でも責任ある立場を任されたり
これまでの経験を発揮することができる40代。
しかし、まだまだ元気に見えても、体力面での無理は禁物です。
自己管理も能力のひとつとして問われる年代ですので
健康管理には十分注意しましょう。
40代後半は、中高年層としての充実とともに
老後に向けた対策も視野に入れる時期となります。
 
◎40代独身
公私ともに安定し、マイペースで充実した日々を送られている人も多いと思います。
自由で落ち着いた日々を守るためにも
「万一のときに自分が困らない」ということを最優先に保障を考えましょう。

死亡保障は、自分の葬儀代や死亡後の整理に必要なる資金となるような
低めの保障を確保します。
それには、一生涯の死亡保障の確保と同時に貯蓄にもなる、「終身保険」が最適です。
そして、特に優先したいのは医療保障です。

40代になると、生活習慣病や女性疾患のリスクが急激に高くなります。
そのため、こういった保障も重要になってくるのです。
さらに、老後への備えとなるような貯蓄も必要となってきます。
老後の生活資金のための「個人年金保険」や
一生涯の死亡保障の確保と同時に貯蓄にもなる「終身保険」などを活用しましょう。
 
◎40代ファミリー
家族への責任を持っている人は
自分が万一のときに発生する家族への影響を最重要視して保障を選びましょう。
特に、一家の大黒柱の立場の人は
子供が小さいほど高額な死亡保障が必要となります。
「収入保障保険」や「定期保険」を活用して、上手に高額保障を確保しましょう。

子供が高校や大学へ進学する時期を迎えられる場合は、支出が一気に増大します。
家計のやりくりがきびしくなりますが、人生のがんばり時です。
生命保険を見直して節約するなど、さまざまな工夫で乗り切ってください。
また、子供が社会人になると、高額な死亡保障が不要となり
保障内容を老後に向けたものにシフトしていくタイミングとなります。

医療保障は終身タイプのものにし
生活習慣病に備えた保障や介護保障なども検討するといいでしょう。
確実なのは、専門家に相談してみることです。

余裕がある場合には、老後の生活資金のための「個人年金保険」や
一生涯の死亡保障の確保と同時に貯蓄にもなる「終身保険」などを活用しましょう。

* ... * ... * ... * ... * ... * ...* ... * ... * ... *

ご相談希望のお客様へ

土日祝は、ご予約のお客様で混み合いますので
スムーズなご案内をさせていただくために
事前のご予約をおすすめしております

フリーダイヤル 0120-33-0526
(平日 9:00~21:00 土日祝 9:00~19:00)
パークプレイス大分店 097-528-7775
(曜日問わず 10:00~21:00)

* ... * ... * ... * ... * ... * ...* ... * ... * ... *

インターネット予約も行っております。

保険見直し本舗公式ホームページ
http://www.hokepon.com/
ホームページを開いたら、右上の「無料相談予約」をクリック。
簡単に予約ができます。

※本日、または明日の相談をご希望の方は
お電話にてお問い合わせください。

* ... * ... * ... * ... * ... * ...* ... * ... * ... *

【保険見直し本舗】『専業主婦の方』の保険選びのポイント

2015年08月24日(月)
保険見直し本舗


こんにちは。保険見直し本舗です。
本日はピッタリの保険選びのポイント例をご紹介させて頂きます。

『専業主婦の方』の保険選びのポイント

専業主婦は、もしも自分が病気やケガで入院したり、
万一のことがあったときに、
残された家族がとても困ることはわかっているかと思います。

しかし、「収入がない専業主婦にどのような保障が必要なのか」
「自分が加入している保険は最適なのか」など、
漠然と不安を感じている人も多いのではないでしょうか。

専業主婦の保険選びは、環境によって必要保障が異なってきます。
自分に最適な保障を見つけるには、
この環境について把握しておくことが大切です。

◎専業主婦でも『母親』になったら死亡保障が必要。

子供が小さいうちは、妻に万一のことがあったとき、
夫が子育てのために転職や失業するという事例もあります。
子供が自分で身の回りのことができる年齢になるまでは、
妻にもある程度の死亡保障を確保しておくことが大切です。

実際に自分に万一のことがあったときに、
誰がどのように子供の世話をするのかがポイントになります。

例えば、実家や近所の人に子育ての協力を得られる環境にある場合と、
夫ひとりだけで子育てをしなければならず、
引越しやベビーシッターを雇うなどの出費がかかる場合では、
必要保障額にも違いが生じます。

このようなことをしっかりと考慮した上で、
自分に必要な保障を確保するようにしましょう。

 

◎医療保障を万全に。

専業主婦の人が病気やけがで入院したら、家族はとても困ることになります。
自分の医療費だけでなく、家族の外食が増えて生活費が増えたり、
お見舞いの交通費がかかるなど、
いつも以上に出費が増えることになりますので、
これらをカバーできる医療保障が必要です。


* ... * ... * ... * ... * ... * ...* ... * ... * ... *

ご相談希望のお客様へ

土日祝は、ご予約のお客様で混み合いますので
スムーズなご案内をさせていただくために
事前のご予約をおすすめしております

フリーダイヤル 0120-33-0526
(平日 9:00~21:00 土日祝 9:00~19:00)
パークプレイス大分店 097-528-7775
(曜日問わず 10:00~21:00)

* ... * ... * ... * ... * ... * ...* ... * ... * ... *

インターネット予約も行っております。

保険見直し本舗公式ホームページ
http://www.hokepon.com/
ホームページを開いたら、右上の「無料相談予約」をクリック。
簡単に予約ができます。

※本日、または明日の相談をご希望の方は
お電話にてお問い合わせください。

* ... * ... * ... * ... * ... * ...* ... * ... * ... *

【保険見直し本舗】『30歳代』の選び方のポイント

2015年08月19日(水)
保険見直し本舗


こんにちは。保険見直し本舗です。
本日は世代別の保険選びのポイント例をご紹介させて頂きます。

『30歳代』の選び方のポイント

体力・実力ともに充実し、何事にもがんばれる30代。
仕事でやりがいを感じられたり
結婚して家族を守る責任を持つなど仕事もプライベートも張り合いが出てきて
人生の中で非常に輝く時期となります。
一方、30代後半は、それまでと同じような無理がきかなくなり
体力の変化を感じる時期となるかもしれません。
自己管理もますます大切になってきます。

◎30代独身
30代は、仕事や収入面で安定やゆとりの出る時期ですが
今から将来の安心に向けたリスク対策をしっかり考えていきましょう。
扶養家族がいないうちは高額な死亡保障は不要ですが
年齢が上がるほど保険料が高くなりますので
今のうちに確保できる保障を準備しておくことも大切です。

医療保障は終身タイプのものがおすすめです。
また、生活習慣病に備えた保障も確保しておきましょう。
余裕がある場合には、老後の生活資金のための「個人年金保険」や
一生涯の死亡保障の確保と同時に貯蓄にもなる「終身保険」などを活用しましょう。

◎30代ご夫婦
まだ子供がいない30代夫婦は
万一のときに相手に迷惑がかからない程度の備えをしておきましょう。
数万円程度の中型の定期保険と
医療保険を中心とした商品選びが無難です。
妊娠・出産を考えている女性は
できるだけ早いうちに女性疾病に備えた医療保障を確保しましょう。

◎30代ファミリー
家族への責任を持っている人は
自分が万一のときに発生する家族への影響を最重要視して保障を選びましょう。
特に、一家の大黒柱の立場の人は
子供が小さいほど高額な死亡保障が必要となります。
「収入保障保険」や「定期保険」を活用して、上手に高額保障を確保しましょう。
ただしこの時期は、大黒柱の万一に備えた死亡保障に加えて
子供の将来の進学費用に備えた早めの貯蓄計画も必要になるなど
長期的な収支バランスを考えていかなくてはなりません。

改めて、夫婦いっしょに生活費や将来の目標について話し合い
計画や予算を立てていきましょう。
すべての保障を確保したいのはやまやまですが
現在の生活を圧迫するようでは本末転倒です。
優先順位やバランスを考え、無理をせずに必要な保障からそろえていきましょう。

女性は、できるだけ早いうちに女性疾病に備えた医療保障を確保してください。
また、母親になったら、自分の死亡保障もある程度確保しておく必要があります。

子供の教育資金については、高校・大学の進学時期に
多くの人が収入よりも支出が上回る状況になります。
その時期になって、子供の将来の夢や選択肢が狭まらないよう
早いうちから計画的に資金を積み立てていく必要があります。

* ... * ... * ... * ... * ... * ...* ... * ... * ... *

ご相談希望のお客様へ

土日祝は、ご予約のお客様で混み合いますので
スムーズなご案内をさせていただくために
事前のご予約をおすすめしております

フリーダイヤル 0120-33-0526
(平日 9:00~21:00 土日祝 9:00~19:00)
パークプレイス大分店 097-528-7775
(曜日問わず 10:00~21:00)

* ... * ... * ... * ... * ... * ...* ... * ... * ... *

インターネット予約も行っております。

保険見直し本舗公式ホームページ
http://www.hokepon.com/
ホームページを開いたら、右上の「無料相談予約」をクリック。
簡単に予約ができます。

※本日、または明日の相談をご希望の方は
お電話にてお問い合わせください。

* ... * ... * ... * ... * ... * ...* ... * ... * ... *

23件中 21〜23件を表示しています