週末映画案内(6/8~)|パークプレイス大分|PARK PLACE OITA
8/22(水)は通常営業いたします。

ParkPlace

イベント・キャンペーン ショップ 映画 フロアマップ 総合案内 交通アクセス
  • お子様連れの方へ
  • LINE@会員
  • よくある質問
  • ページ一覧
  • 現在の駐車率
ショップ最新情報
2018.6.6

週末映画案内(6/8~)

  • (C)2018フジテレビジョン ギャガ AOI Pro.
  • (C)2018「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」製作委員会
  • (C)2018「羊と鋼の森」製作委員会
  • (C)2018「終わった人」製作委員会
(C)2018フジテレビジョン ギャガ AOI Pro.

(C)2018フジテレビジョン ギャガ AOI Pro.

(C)2018「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」製作委員会

(C)2018「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」製作委員会

(C)2018「羊と鋼の森」製作委員会

(C)2018「羊と鋼の森」製作委員会

(C)2018「終わった人」製作委員会

(C)2018「終わった人」製作委員会

T・ジョイパークプレイス大分より今週末から公開の新作映画をご案内致します!

<万引き家族> 6/8(金)公開

『盗んだのは、絆でした。』
「三度目の殺人」「海街diary」の是枝裕和監督が、家族ぐるみで軽犯罪を重ねる一家の姿を通して、人と人とのつながりを描いたヒューマンドラマ。 2018年・第71回カンヌ国際映画祭のコンペティション部門に出品され、日本映画としては1997年の「うなぎ」以来21年ぶりとなる、最高賞のパルムドールを受賞した。東京の下町。高層マンションの谷間に取り残されたように建つ古い平屋に、家主である初枝の年金を目当てに、治と信代の夫婦、息子の祥 太、信代の妹の亜紀が暮らしていた。彼らは初枝の年金では足りない生活費を万引きで稼ぐという、社会の底辺にいるような一家だったが、いつも笑いが絶えない日々を送っている。そんなある冬の日、近所の団地の廊下で震えていた幼い女の子を見かねた治が家に連れ帰り、信代が娘として育てることに。そして、ある事件をきっかけに仲の良かった家族はバラバラになっていき、それぞれが抱える秘密や願いが明らかになっていく。息子とともに万引きを繰り返す父親・治にリリー・フランキー、初枝役に樹木希林と是枝組常連のキャストに加え、信江役の安藤サクラ、信江の妹・亜紀役の松岡茉優らが是枝作品に初参加した。

公式HP→http://gaga.ne.jp/manbiki-kazoku/

 


<家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。> 6/8(金)公開
『何で!?』

2010年に「Yahoo!知恵袋」に投稿されて話題を呼び、ボーカロイドの初音ミクでオリジナル楽曲が制作されたほか、コミックエッセイ化など、さまざまなメディアに広がりをみせた、妻の「奇行」についての質問をもとにしたラブコメディ。結婚3年目のサラリーマンのじゅんが仕事から帰宅すると、玄関で妻 のちえが血を流して倒れていた。じゅんはあわてて介抱するが、血はケチャップで、ちえは死んだふりをしていただけだった。妻はその理由は言わず、ただ笑うだけ。それ以来、ワニに食われる、銃で撃たれる、頭に矢が刺さっているなど、毎日のように死んだふりをする妻に、じゅんは呆れながらも徐々に不安を覚えるようになる。

榮倉奈々と安田顕がダブル主演で夫婦役を演じ、「デトロイト・メタル・シティ」「神様はバリにいる」の李闘士男監督がメガホンを取る。

公式HP→http://tsumafuri.jp/

 


<羊と鋼の森> 6/8(金)公開

『たった、一つの音。心の中声に寄り添い、探し求める。森の中を。』
ピアノ調律師の青年の成長を描き、2016年・第13回本屋大賞を受賞した宮下奈都の小説を、山崎賢人の主演で映画化。将来の夢もなく生きていた外村は、高校でピアノ調律師の板鳥と出会い、板鳥の調律したピアノの音色に魅せられ、その日から自身も調律の世界を目指すことを決意。専門学校を出て新米調律師として働くようになった外村は、調律師の先輩・柳やピアニストの高校生姉妹・和音と由仁ら、調律を通して知り合う人々とのかかわりによって、調律師として、そしてひとりの人間として成長していく。

山崎が主人公・外村に扮し、外村が調律の世界に足を踏み入れるきっかけとなった板鳥を名優・三浦友和が演じる。また、実の姉妹である上白石萌音と上白石萌歌が姉妹の和音と由仁をそれぞれ演じ、初共演した。監督は「orange オレンジ」でも山崎とタッグを組んだ橋本光二郎。

公式HP→http://hitsuji-hagane-movie.com/

 


<終わった人> 6/9(土)公開

『暇だ。』

大河ドラマ「毛利元就」、NHK連続テレビ小説「ひらり」「私の青空」など、数々ヒット作を手がけた脚本家・内館牧子による同名小説を、舘ひろしと黒木瞳の主演、「リング」の中田秀夫監督のメガホンにより映画化したハートフルコメディ。大手銀行の出世コースから子会社に出向し、そのまま定年を迎えた田代壮介。世間からは「終わった人」と思われ、仕事一筋の人生を歩んできた壮介は途方に暮れる。美容師の妻・千草は、かつての輝きを失った夫と向き合えずにいた。壮介は「どんな仕事でもいいから働きたい」と再就職先を探すが、これといった特技もない定年後の男に職など簡単に見つかるはずがなく、妻や娘から「恋でもしたら」などとけしかけられたところで、気になる女性がいてもそう思い通りになるものでもない。しかし、すでに止まってしまったかに思えた壮介の運命が、ある人物との出会いから大きく動き出す。

田代壮介役を舘が、妻の千草役を黒木がそれぞれ演じる。

公式HP→http://www.owattahito.jp/



上映スケジュールはこちら→http://kinezo.jp/pc/schedule?ush=51067e8

店舗データ

T・ジョイ ティジョイ

アミューズメント 

フロア ガーデンウォーク 3F
営業時間 8:00~24:00
電話 097-528-7678

9つのデジタル上映スクリーンでジャンルに富んだ作品をラインナップ。臨場感あふれる鮮やかな色彩とサウンドをご体験ください。ロビーにはどなたでもご利用頂ける遊具スペースもあり、待ち時間などにお子様に遊んでいただけます。シアター内には全スクリーンに二人掛けのベンチシートも導入。ご家族やカップルでプライベートな空間で映画を楽しめます。

【上映スケジュールはこちら!】