ParkPlace

イベント・キャンペーン ショップ 映画 フロアマップ 総合案内 交通アクセス
  • お子様連れの方へ
  • LINE@会員
  • よくある質問
  • ページ一覧
  • 現在の駐車率
  • TOP
  • ブログ
  • ユネスコエコパークがやってきた!
BLOG  ブログ
2018.9.12

ユネスコエコパークがやってきた!

暑さもかなり和らいだ、9月9日日曜日。朝からあいにくの雨でしたが、「みんなできてみて!祖母・傾・大崩ユネスコ エコパーク in パークプレイス大分」は予定どおり開催されました。

2Fの『HMV』前には、エコパークのパネル展示が。アンケートに答えると、くじも引けちゃうんですよ。

ユネスコエコパークとは、人間と自然社会の共生を目的に、ユネスコが始めた事業。大分県と宮崎県にまたがる、祖母・傾・大崩山系も、昨年、ユネスコエコパークの登録地に決定しました。今回は「祖母・傾・大崩ユネスコ エコパーク」と、そのエコパークが広がる竹田市、豊後大野市、佐伯市の魅力が一挙に集合! 文化や食など、いろんなことを楽しめるイベントです。

センターステージでお客さんの目を惹きつけていたのは、お神楽! 3市で古くから伝わる伝統芸能を、堪能することができます。

12:15〜始まったのは、国指定無形文化財にも登録されている、豊後大野市の「御嶽神楽(おんだけかぐら)」。鬼の衣装にある、「獄」の文字がかっこいいですよね。激しく、美しく舞う様子に、子どもも大人も魅了されていました。

この日披露されたのは「五穀舞」ということで、お餅も登場!


雨が降っているにもかかわらず、客席はお客さんでいっぱい。お餅まきも、大いに盛り上がりました。
この赤鬼さん、お客さんを盛り上げるのがとっても上手なんです。最後は、元気にアピールできた子どもたちに、紅白のお餅が首飾りのように連なった特別なお餅をプレゼントしていました。
お神楽に魅了されて、お餅までもらえて、観客のみなさんも大喜びです。

怖がりながらも、鬼の舞う姿をじっと眺めていたのは、かほちゃん、かすみちゃん姉妹。

かほちゃんは以前も神楽を見たことがあるそうですが、この日はちょっと怖かったみたい。妹のかすみちゃんは「かっこよかったよ!」と、お神楽が気に入った様子です。ふたりとも、無事にお餅もゲットできてにっこり。ママとパパと一緒に、14:15〜の佐伯市「千束楽」も見る予定なんだそう。たっぷり楽しんでね!

「アカチャンホンポ」の前には、ボルダリングの体験スペースが登場。エコパークの登山道には、ロッククライミングをしながら進む道もあるんですって。

11:00~、13:00~、15:00〜の3回、4歳以上なら誰でも体験できます。小さな子も、果敢に挑戦! 担当のスタッフさんがマンツーマンで教えてくれるので、安心して挑戦できますね。でも、スタッフさんの助けなしで、スルスルっとてっぺんまで登ってしまう子もたくさんいましたよ〜。

兄弟でチャレンジしたのは、えいすけくん、れんとくん。

「ちょっと難しかったけど、一番上の赤いポイントまで登れた」と、えいすけくん。ボルダリング初挑戦の弟、れんとくんも「楽しかった!」とにっこり。「またやってみたい!」とふたりで声を揃えていました。今度はぜひ、エコパークのロッククライミングにも挑戦してみてね!

2Fの「インキューブ」前では、「バードコール」の制作体験も。ユネスコエコパークエリアの天然木を使って、小鳥の鳴き声のような音がする「バードコール」作りを無料で体験できます。木には、かわいい飾り付けもできるんですよ。

みことちゃん、みよちゃん姉妹もチャレンジ。

お神楽の鬼が怖くて2階に逃げていたという妹のみよちゃんも、バードコール作りは「楽しかった!」とにっこり。木の周りは、パパが飾り付けをしてくれたんだって。お姉ちゃんのみことちゃんは、しっかりお餅まきにも参加。7個もゲットしたんだって。すごい! みよちゃんは、さっそくお餅を頬張っていました。

センターステージの周辺には、「祖母・傾・大崩ユネスコ エコパーク」内にある、竹田市、豊後大野市、佐伯市の魅力的な「味」を紹介するミニマルシェも。

豊後大野市の『八百屋ダエン』では、豊後大野市で採れた野菜や、その野菜を使った加工品も販売。キュウリの漬物を丸ごと1本串にさした「棒キュウリ」や、無添加で手作りの人参ドレッシングや、フルーツダレも並んでいましたよ〜。

佐伯市の『さいき農林公社』は、宇目町で採れるぶどうや栗を販売。

シャインマスカットも並んでいます。宇目町で採れる「宇目ぶどう」は、ふだん大分市内で買うことができないそうなので、ゲットできた人はとってもラッキー! どのぶどうもとっても美味しそうでした。

竹田市からは、国産素材にこだわり、自家製酵母などを使ったパンやスコーンが人気の『かどぱん』が出店。

クルミなどはオーガニックのものを、卵は竹田市で育つ安全なものを使っているそう。そして、オススメは「かぼすサブレ」! 竹田産のカボスで作ったマーマレードや、細かく刻んだカボスピールを生地に混ぜ込んでいるんですって。コロンとした、三日月型もかわいいんですよ。

どのお店も、どのイベントも、とっても賑わっていました。「祖母・傾・大崩ユネスコ エコパーク」の魅力もきっと伝わっているはず! 今度はぜひ、エコパークにお出かけして魅力を感じてみたいですね。

そして、秋のパークプレイス大分にも魅力がいっぱい! 9/15(土)〜17(月・祝)は、「秋のごちそうフェスタ2018」のキックオフイベントが開催されます。
15日(土)16:00〜(ビンゴカード配布/15:45~)は、グルメチケット争奪ビンゴ大会
16日(日)12:00〜15:00(受付/11:45~)は、さんま祭り(先着250名)
17日(月・祝)12:00〜15:00(受付/11:45~)は、伊勢えびの浜焼き(先着200名)
すべてのイベントは、1Fセンターステージで行われます。「ビンゴ大会」は、だれでも無料で参加OK。「さんま祭り」と「伊勢えびの浜焼き」は、当日お買い上げ500円以上のレシートを提示すれば参加できます。ぜひ、センターステージに集まってくださいね。みんなで、おいしい秋を満喫しましょう!